スポンサードリンク
<< ワカサギ釣りを極める | TOP | 電動リールの選び方ポイント >>

釣り糸の不思議

JUGEMテーマ:釣り全般
釣り糸のカラーについて

釣り用ラインには製品により”色”がついていますよね!!この色により釣果が異なるのでしょうかね??
魚は釣り糸や釣り針の色を認識するのでしょうか??ある釣り魚辞典(釣り魚の図鑑)には魚は光の反射などには敏感ですが色までは認識しないと書いてありました。ということは・・・釣り用ラインの色はとても重要だということですよね。透明のラインと透明で無いラインとでは光の反射や光の通し方が違いますよね。真実は魚に聞かなければわからないことです。
バス釣りに代表される釣り糸(ライン)には良くパッケージに”魚に見えにくいカラー”だとか”見えにくいラインでスレたバスを攻略するのに最適”だとか”魚から見えないライン”とか製品特長が書いてあります。磯釣り用ラインにもよくこのようなことが記載してあります。”魚から見えないライン”とまで書くと少し過大広告すぎるような気がしますが・・・。
PEラインは特に色付き糸が多いです。1m間隔、5m間隔とかにマーキングポイントが付けてあり更に10mごとに色分けまでしてある‘PEライン‘が多いです。深海釣り用PEラインは黒1色のpeラインがありますがこれは深海で光がほとんど入り込まないようなスーパーディープゾーンに有効な色らしいです。エギング用で真白(白1色)のラインがありますがそれは釣り人がラインの動きを見やすくするためと、アオリイカ釣り(エギング)は夜釣りもするためナイトフィッシングには白が見やすいのです。釣り用ラインは様々な色の工夫がされています。
激安釣り糸や釣具屋でワゴン積みになっている格安ラインはなぜ派手な色の釣りラインが多いのでしょうね??蛍光イエロー・
ピンク・ブルー・蛍光グリーン・・・本当にカラフルな糸が多いです。
釣り糸のカラーについて考え出すとキリが無いです。とても奥深い釣りの謎です。


 
  にほんブログ村 釣りブログ 日本全国釣行記へ
| 釣り糸の不思議 | 釣りラインについて |
| comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
| kd shoes | 2018/02/27 4:10 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fishingtackle.jugem.jp/trackback/16
トラックバック