スポンサードリンク

スコーンリグの使い方釣り方法ポイント

JUGEMテーマ:釣り全般

スコーンリグの使い方釣り方法



スコーンリグでバスを釣る方法はとにかく簡単です。

巻きラバとしてラバージグを使うのでスイミングに適したタイプのラバージグとハイドアップ スタッガーオリジナル6インチに代表されるスイミングシャッドテールワーム(トレーラー)をセットしてキャストして釣る・・・。これがスコーンリグの使い方です。

スコーンリグに代表されるスイミングラバジ釣り方で重要なポイントは「巻くタイミング(引くタイミング)」です。
単純に言うとスコーンリグの釣り方は「タダ巻き」するのみです。
ジャークしたりするアクションやシャクったりする動かし方はほぼ不要で、とにかくひたすら巻くことが
スコーンリグの使い方ポイントとなるのです。そして巻くときにコツとして、「一定のスピードを保ったまま巻く」ことがスコーンリグでバスを釣る最大のコツとなるのです。

ただ巻き釣り方のタイミングなのですが・・・釣行時のバスの活性やその日のパターンにより引くスピードは異なります。パターン別のスコーンリグ使い方(巻き方)の基本的なスピードを体内に覚えさせることが重要です。

もう一つのスコーンリグ使い方のポイントは・・・
しっかりとしたロッドを使用すつことです。
スタッガーオリジナル6インチとスコーンリグに最適な5インチから6インチのトレーラーシャッドテールワームをセットすると使うジグやワームの種類によりますが30g以上になります。1オンス以上の重さに耐えて釣りができる
強力なバスロッドが使いこなすには必要なのです。
小ぶりのスコーンリグのセットで攻める場合はMアクション(ミディアム)でも使えますが、基本的には
ミディアムヘビーからヘビーアクションのバス竿を使用することがスコーンリグの使い方のキモとなります。


スコーンリグでバス釣り入門
最強ラインシステム MIDノット(ミッドノット)について
ルアーフィッシングロッドのこと
琵琶湖バス釣り釣果
釣りをする時間帯
にほんブログ村 釣りブログ 日本全国釣行記へ

| スコーンリグの使い方釣り方法ポイント | スコーンリグでバス釣り極める |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/2PAGES | >>